低用量ピルの効果は避妊効果だけではなく、生理不順や不正出血にも用いられ、さらに更年期障害を緩和させる方法としても用いた治療方法があります。当サイトでは低用量ピルと更年期障害についてまとめたのでご紹介します。

笑顔の女性
  • ホーム
  • 更年期障害とピルの効果について

更年期障害とピルの効果について

綺麗な女性

更年期障害の対策として低用量ピルが処方されることがあります。
低用量ピルは、避妊目的で飲む人が多いという見方が一般的ですが、避妊効果以外にも月経前症候群や生理痛の改善など様々な効果があります。
更年期障害では、閉経にさしかかると卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌が減少します。
自律神経にも作用している体内の女性ホルモンが減少することで、心身に様々な不調があらわれるようになります。
低用量ピルには、女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンが含まれているため、ホルモンバランスを整えることができるようになります。
低用量ピルと似た治療にホルモン補填療法があります。
どちらもホルモンを補うことで、症状の緩和や改善効果がきたできます。
低用量ピルは、その名の通り身体に影響が出る最低限のプロゲステロンとエストロゲンが含まれています。
そのため、副作用がほとんど見られないくらいまで軽減されています。
ホルモン補填療法は、低用量ピルに比べるとエストロゲンの量が5倍含まれています。
閉経により女性ホルモンが乱れ、エストロゲンの生成がほとんどなくなります。
更年期障害の症状の緩和や改善のためには、低用量ピルを使う程度でもいいのか、ホルモンをたくさん補充するホルモン補填療法が合うのかは、医師が判断します。
初めて治療する前には、病院でホルモン値を計測したいり、問診を受け、どの程度の量が必要かを判断します。
服用後に効果がなかったり、気分が悪くなったりした場合には、量を調整していきます。
日本では、処方箋がなければ入手することができない薬です。
また、使用する際には、条件もあるため、産婦人科や婦人科を受診し、医師の処方を受けることになります。

最近の投稿
    アーカイブ
    人気記事一覧
    • 1
      綺麗な女性
      更年期障害とピルの効果について 2018年12月26日 6 Views
    サイト内検索