低用量ピルの効果は避妊効果だけではなく、生理不順や不正出血にも用いられ、さらに更年期障害を緩和させる方法としても用いた治療方法があります。当サイトでは低用量ピルと更年期障害についてまとめたのでご紹介します。

笑顔の女性
  • ホーム
  • 更年期障害の原因と対策方法

更年期障害の原因と対策方法

綺麗なカップル

40代半ばを過ぎた女性に襲ってくるのが更年期障害です。
ほてりやのぼせ、不眠などといった身体的な症状や、イライラや倦怠感、落ち込む、うつ様症状などの精神的な症状などが起きます。
人によってどのような症状が現れるかが違い、更年期障害の症状は100種類以上にも及ぶと言われています。
個人差も大きく、全く症状が出ない人もいます。
この女性ならばやってくる更年期障害の軽減には、低用量ピルが役立ちます。
更年期障害が起こる原因は女性の生理が終わり、閉経することにあります。
それまでは卵巣で作られていた女性ホルモンが、閉経前から徐々に減少し、閉経するとその量は一気に減ってしまいます。
このホルモンバランスが大きく崩れることが原因で、様々な症状が出てくるのです。
治療としてはそれぞれの症状に対する対処療法も行われることもありますが、低用量ピルを服用することで少なくなったホルモンのバランスが安定するため、更年期障害の症状の軽減が期待できるのです。
また、女性ホルモンには肌を美しく保ったり、女性らしい柔らかな身体つきを維持する働きや、骨密度の低下を防ぐ役割があるため、アンチエイジングや骨粗しょう症の予防にも低用量ピルは役立ちます。
近頃では、ストレス社会を反映して30代でも更年期障害の症状を訴える女性が増えています。
ストレスが自律神経の働きを乱してしまい、ホルモンの分泌バランスが崩れてしまうためです。
このような若年層の更年期障害の治療にも、低用量ピルは使用されています。
更年期障害の対策として低用量ピルを服用する場合、保険は利用できません。
全額自費で支払わなければなり、1か月に3000円~5000円程度の負担となります。

人気記事一覧
サイト内検索